メンターリングとは

脳と心の働きに着目した指導法。

受け手自身の能力・可能性に気づく感動を触発し、
建設的な思考を元に課題を発見する力、
自ら問題と向き合う力を醸成し、
目標設定と目標に向う行動の発意を促す全人的指導を行う。

プログラムの特徴

プログラムの概念

「しなやかな思考」で折れない成長力を

日本人の感性にフィットする形で構成された認知心理学・脳科学に基づいた各種理論により、能力開発・人材育成を行います。

私たちが、大切にしたい6つの力
1、問題を見つけ、解決し、成長する力
2、「受け入れる」力
3、逆境を生かす力
4、目標を定め、達成する力
5、他者を生かす力
6、触発する力

双方向性を重視した、親しみやすいコンテンツで「しなやかな思考」を身につけます。

文化性

自己効力感、社会的学習理論、学習性無力感理論など認知心理学、脳科学に基づく、日本人の文化的特性を鑑みたプログラムを提供しています。

汎用性

あらゆる年齢層や、属性、ニーズに対応できる等汎用性の高いプログラムを提供しています。

自律性

双方向性とエンターテインメント性の高いコンテンツを提供しています。
ゲーム、ロールプレイング、体験活動、ディスカッションを通じて、「遊び」の中から自分自身の課題を発見し、目標達成に向けての自発的な動機付けを行い、自律の精神の涵養を促します。

永続性

産学連携を推進し、新しい知見に基づく検証・改善を継続的に行い時代の変化に対応し、永続性を高めています。

適応性

Eラーニング(インターネットを活用した通信教育や教育相談)、アプリ(オンラインゲーム)、絵本など時代や環境に合わせた提供を行います。

雇用拡大への貢献

指導者育成、準指導者を育成することにより地域のマンパワーの活用・雇用創出に貢献します。

地域貢献

地域に多くの指導者、準指導者を継続的に育成することにより、核家族化で希薄になっている世代間のつながりと同年代層の横の連携を強め、地域で子育てに取り組む素地を醸成します。

→プログラムのご案内